このエントリーをはてなブックマークに追加

NBA ドリームチーム どなたかNBAの感動する話で語り合いましょう!!

どなたかNBAの感動する話で語り合いましょう!!

名無しさん 2uOArEbf7u 報告 固定リンク

  • 21 件のコメントが省略されています

  • 火曜日に命を落としてしまったバスの葬儀は四日後の土曜日に行われた。奇しくもその日は、バスとウェストブルックが一緒にピックアップゲームをしようと約束していた日でもあった。

    名無しさん wRY/JEowuc

  • ウェストブルックは元々ハードワーカーでは知られていたものの、その出来事以降、眼の色を変えたかの様にバスケットボールに打ち込んだ。コート内そしてコート外でもその姿勢は変わることはなかった。ウェストブルックは「人生がどれだけはかないものなのか」という事を痛感した。また、自分に与えられた能力を全く疑おうとしなかった。ウェストブルックは高校3年生になるまで、チームの先発選手になれず、高校の最終年の夏までどこの大学からもリクルートの話が来ない。そんな選手が「俺は世界で一番のポイントガードになる」と言っていたのだ。

    名無しさん wRY/JEowuc

  • 彼の答えは端的である。

    名無しさん wRY/JEowuc

  • 「Why Not?」

    名無しさん wRY/JEowuc

  • 俺は全ての物事に対して常に「Why Not?」という考え方で生きている。これが俺の考え方だ。

    名無しさん wRY/JEowuc

  • そして彼は高校4年時の夏に、名門UCLAから奨学金のオファーを受ける。奇しくもUCLAが元々オファーを出したかった選手は一年前に亡くなったバス選手であった。

    名無しさん wRY/JEowuc

  • だそうです・・・

    名無しさん wRY/JEowuc

  • ウエストブルックのふぁんになりそうです(T_T)

    名無しさん 2uOArEbf7u

  • でもウエストブルックけがしちゃいましたよね? 早く復帰してもらいたいですねー!

    名無しさん 2uOArEbf7u

  • 名無しさん Z2AZdg7tG..

ゲーム別の新着の投稿