このエントリーをはてなブックマークに追加

NBA ドリームチーム  リーグ歴代屈指の司令塔として名を馳せたニューヨーク・...

 リーグ歴代屈指の司令塔として名を馳せたニューヨーク・ニックスのジェイソン・キッド(40歳)が現地3日、現役引退を発表し、19年の輝かしいキャリアに幕を閉じた。

 キッドは、1994年ドラフト全体2位でダラス・マーベリックスに入団。2日前に引退を表明した同じく40歳のグラント・ヒルとともに1995年のルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞し、華々しくキャリアをスタートさせた。

 2011年にはマブス初のNBAリーグ制覇、米国代表としては2000年シドニー五輪、2008年北京五輪、1999年、2003年、2007年の世界選手権で母国の金メダル獲得に貢献。個人成績ではアシスト数とスティール数でリーグ歴代2位、オールスターに10回出場するなど、名司令塔としてリーグ史にその名を刻んだ。

 しかし、40歳になって迎えた今プレーオフでは、全12試合中、最後の10試合で17本全てのフィールドゴール(FG)に失敗。全体では25本中わずか3本のFG成功にとどまり、最後の2試合ではほとんど出場機会も得られず。不甲斐ない結果に終わったことから、契約を2年残しての引退を決断した。

 キッドはニックスを通じて声明を発表し、「バスケット選手として過ごした時間は、素晴らしい旅だった。ただ、19年が過ぎてついに終わりを迎える時がきた。これまで所属した4チームでの時間を振り返えると、全てのシーズンがなつかしく思い出される。一緒にコートに立った一人ひとりのチームメート、コーチに感謝している」と述べた。

 所属するすべてのチームで大きなインパクトを与えたキッド。キャリア全盛期には万年ドアマットチームだったニュージャージー・ネッツを2002年、2003年と2年連続でNBAファイナルに導き、2011年にはマブスのリーグ初制覇、ニックスでは2000年以来初のカンファレンス準決勝進出に貢献した。

 マブス、フェニックス・サンズ、ネッツ、ニックスでプレーしたキッドは、通算成績で1試合平均12.6得点、8.7アシスト、6.3リバウンド、1.93スティールをマーク。トリプルダブル数は107で歴代3位、スリーポイントシュート成功数も歴代3位という記録を残した。(STATS-AP)
キッドおつかれ様でした(T ^ T)

名無しさん mgzhieawit 報告 固定リンク

  • 18 件のコメントが省略されています

  • KGはどうなるのだろう

    名無しさん 2GozSfLeJX

  • ガーネットが引退してしまったら、多分泣いてしまう

    名無しさん Q8u1GcocV9

  • お疲れ様あげ3

    名無しさん mgzhieawit

  • 残念…

    名無しさん lbkeaKbRn6

  • 今度はコーチ側でバスケと関わってほしいなぁ〜

    名無しさん 5yXdcWIMvl

  • コーチになればいいのに笑

    名無しさん mgzhieawit

  • また別な形での復帰を待っています^_^

    名無しさん 2GozSfLeJX

  • キッドが居なくなったのは悲しいけど、キッドの背中を見て育った選手がまた偉大な事を成し遂げて行ってくれる事に期待する

    名無しさん Gojxt0.pQb

  • キッドとヒルが同じシーズンに引退ってのが何とも言えないですね。

    名無しさん QNl9tEAsdr

  • キッドサイコー!お疲れ様でした!

    名無しさん PldEMT4DLf

NBA ドリームチームの他の投稿もチェック!!

ゲーム別の新着の投稿